アンシンクは岐阜県で消防関連・設備点検など消防設備管理業務中心に、防災に関するコンサルタントや防災グッズの販売を行っている総合防災専門業者です。

まずはお気軽に資料請求を!

資料請求
0120-367-119

緊急時には24時間対応!!
営業時間 9:00-17:00
定休日:日曜・祝・第二/第四土曜日

 
イメージ

貴社の工作機械には付いていますか?

工作機械や半導体洗浄装置をお持ちの会社様
貴社の設備に「半導体・工作機械向け自動消火装置」は設置されていますか?

イメージ

自動消火装置がついて“いる”とお答えのお客様

点検はされていますか?

イメージ

配管の繋ぎ忘れ

イメージ

電源の不点灯

イメージ

ダクト配管の繋ぎ忘れ

上の画像の様なことになっていませんか?。
「せっかく設置しているのにメンテナンスができていないのが原因で上手に作動しなかった・・」
なんてことになれば、一大事です。弊社の独自調査で自動消火装置が作動しない原因は
部品の劣化とレイアウトの変更によって起きる配管の繋ぎ忘れが多いことが分かりました。
貴社の大切な人材と設備を守るために是非一度ご確認してください!

イメージ

メンテナンス推奨期間は設置から毎年1回

自動消火装置のメンテナンス推奨期間は設置後から毎年1回です。定期的にメンテナンスがされていないと、部品の劣化により上手く作動されなくなる危険があります。また、先に記載した様に長い期間メンテナンスがされていないと、思いもしない様な原因で自動消火装置の作動を妨げている可能性があります。疑問・不安に思う点があるお客様は、ひとまず弊社にご相談ください。
※センサー・起動装置・バッテリーは5年毎に定期交換をしていただく部品になります。

イメージ

法的義務と火災リスクの相違

自動消火装置はメンテナンスの法律義務がないので、メンテナンスが長い間実施されていないことが多いのです。 消防法には『機械のある部屋の天井にセンサーをつけろ』などの法律はありますが、それだけではセンサーが感知した時すでに、工作機械に大きな損傷が予想されます。消防法や消防設備は建物や人命を、火災から守るために義務付けれた対策ですが、自動消火装置は消防法の管轄外で、任意で設置されている消火装置であります。しかし、工場内の工作機械内で火災が起きる可能性もあり、その際、自動消火装置は、大きな役割を果たします。

イメージ

プロによる無料簡易調査

弊社では自動消火装置の簡易調査(目視による電源の通電確認・配管接続確認)を実施しております。実際の点検(スイッチ類を含む作動試験、バッテリー点検、仮設ガスの放出試験や導管導通試験)は、別途有料となります。
また、工作機械をお持ちで、自動消火装置が設置されていない場合は、新規設置のご提案もさせて頂きますので、まずはお気軽にご連絡いただけましたら、迅速・丁寧に対応いたします。

火災によって受けるダメージをご存知ですか?

火災発生リスクの回避と火災ダメージ極小化

イメージ

工場・作業場は一般の住宅と異なり、かなりの可燃物量があり、設備には、ガス、蒸気、薬品、油類の流れる配管及び電気部品などが至る所に存在しており、火災発生の危険度が高い場所と言えます。
ひとたび工場で大規模火災が発生した場合、建物、設備及び在庫の直接的な損失により操業停止、生産が遅れてしまうことによる取引先への補償、さらに最悪の場合顧客の流出も考えられます。他にも、後片付けや火災跡地の整理、製造設備の再投資、など莫大な損失を受けることになります。このような損失を最小限に抑えるためにも火災リスクをマネジメントすることはとても重要です。

イメージ

工場火災の現状

工場からの火災は毎年千数百件発生していると言われています。毎年多くの火災が発生しているという現実を考えても「自社工場は大丈夫」と言い切れますか?工場火災は起こりうるものと考え備えておかなければならないリスクなのです。一般に工場では、消防法に準拠して自動火災報知設備、ガス消火設備、粉末消火設備、屋内消火栓及び各種消火器等が設置されているはずですが、工作機械の自動消火装置の設置は義務化されていません。しかし、日本工作機械工業会のデータから、工作機械の切削油剤から発火が多数報告されています。下記に記載してある様なヒューマンエラーを防ぐためにも自動消火装置は大変効果的です。

火災事例

事例1:過剰負荷状態での加工による出火
高切込み、高送りの厳しい切削条件で加工したことにより、高温となった切りくずにより油性切削油剤が発火。

事例2:運転ミスによる出火
切削油剤供給スイッチをオンにし忘れて加工を行い、高温の切りくずが発生。飛散したり切りくずから機内の切りくずに付着した油性切削油剤が発火。

事例3:点検不備による出火
切削油剤残量の点検を怠り、残量不足のまま長時間無人運転を実施。十分な量の切削油剤が供給されず発熱、発火。

事例4:加工物の設計変更の確認ミスによる出火
加工物に設計変更があったにもかかわらず、加工プログラムを変更せずに加工。過大な切込みや工具干渉により油性切削油剤が発火。

一般社団法人 日本工作機械工業会
工作機械の火災安全指針より

イメージ

火災対策でBCP策定・CSR強化に

工場で大規模火災が発生した場合、建物、設備及び在庫の直接的な損失、後片付けや火災跡地の整理、生産設備の損失による製品製造・販売の機会の損失、製造設備の再投資、取引先への補償、など莫大な損失を受けることになります。このような損失を最小限に抑えるためにも、BCP(Buisiness continuity planning:事業継続計画)の強化の一案として、自動消火装置のメンテナンスをご検討下さい。

自動消火装置の最新版のご紹介

“CABINEX-EN2”とは?

キャビネックス・EN2は、二酸化炭素を使用し、
工作機械を火災からフルオートで消火するシステムです。
もし工作機械から火災が発生した場合(CO2)を放出することによって酸素濃度を低下させ
炎が酸素によって燃え上がるのを防ぐことができます。
また、消火剤がCO2であるため、消火の際に室内や機器を汚損することがなく、
二次的な災害が起きることを防ぐといった特長を持ちます。

イメージ

自動消火装置が必要な設備

様々な工作機械がありますが、自動消火装置が必要な場合と、必要ではない場合があります。ここ最近は広く認知されてきていますが、水溶性切削油を使用している場合は火災のリスクは低いと言われいます。しかし、油性冷却オイルを使用している場合は、発火の可能性が高いため自動消火装置が絶対に必要になります。
工作機械工業会の火災安全指針にも油性切削剤を使用する場合は火災発生リスクが高まると「適切な使用方法や保守・点検、安全装置の取り付けを行うこと」と警告をしています。

機械の使用基準

使用時の注意点

機械の火災は切削時の発熱や、電気系統の故障、その他様々な要因により発生する。
この可能性を低く抑えること、及び延焼を防ぐという観点からすると、極力水溶性切削油剤を使用することを推奨する。但し、マグネシウム等の発火しやすい金属を加工する場合、水溶性切削剤を使用すると水素が発生し、出火の際に爆発的火災になる危険性があるので、専用又は油性の切削剤を使用すること。
加工精度や効率等の点又はマグネシウム等の発火しやすい金属の加工時の安全確保の点から油性切削剤を使用する場合は、火災発生の危険性が高まることを認識し、本指針を参考にした適切な使用方法や保守・点検、安全装置の取り付けを行うことで火災防止に努める。

一般社団法人 日本工作機械工業会
工作機械の火災安全指針より

※マグネシウム加工に関しては、「CABINEX-EN2」ではなく、「アルゴナイトキャビネックス」を推奨しております。

自動消火装置“CABINEX-EN2”の6

CO2によるクリーンな消火

専用センサーで取付容易
・素早い検知

システムバリエーションが自在

システム異常を知らせる機能

安全対策機能

安全センター性能評定品

CO2によるクリーンな消火

RoHSCOMPLIANT

不燃性ガス(CO2)による消火のため、消火剤による機器への汚損がなく、スムーズな機器の復旧が可能な自動消火システム。効果的かつ安全性を兼ね備えたCABINEX-EN2。大型の工作機械や各種設備および工場排気ダクトに最適です。

専用センサーで取付容易・素早い検知

火災センシングシステムの充実

半導体・液晶製造装置、各種工作機械の設置環境に合わせて、㈱初田製作所が開発した専用の火災検知センサー(SX-3024Ⅲ)を使用しています。小型で取り付け場所を選ばず、素早い火災検知が行えます。CABINEX用センサーは、独自に開発した超小型各種センサー(熱・炎)をお使いいただけます。

1.THセンサー

THセンサー

火災熱応答式火災センサーで、サーミスタ素子を用いて、温度上昇による素子内の電気的変化を測定して、あらかじめ設定してある温度に達したとき「火災信号」を発信します。
検知温度は70、100、120、150℃の4種類の選定が可能です。

2.フェンオール

フェンオール

火災熱応答式火災センサーで、本体内部に2種類の異なった金属があり、火災熱による膨張率の違いで、開かれていた接点が閉じ、「火災信号」を発信します。検知温度は70℃~150℃まで数種類のタイプがあります。

3.赤外線検知式

赤外線検知式

炎の赤外線検知式火災センサーで、炎から出る赤外線エネルギーを3ポイントで捉え(3波長式)「火災信号」を発信します。

システムバリエーションが自在

cabinex-en2

検知システムの回路は簡単にOR設定、AND設定に切替可能です。CABINEX-EN2の起動は自動、手動いずれでも可能。分離タイプもあり、消火剤容器と操作パネルを個別に設置できるため消火剤容器の設置場所が自在に選べます。

システム異常を知らせる機能

消火システムの停電、センサーの断線・故障、起動装置のセット状態を監視する機能を持ち、何か異常があればランプ、ブザーや接点信号で知らせることができます。

安全対策機能

大型機種(30/45ENA2)は機器のメンテナンス中に誤ってガスを放出しないよう、機械的(バルブ)や電気的にガス放射を遮断する機能があります。

安全センター性能評定品

半導体・液晶製造装置、各種工作機械用の自動消火システムとして、(ー財)日本消防設備安全センターの評価を受け、性能評定を取得しています。

半導体・液晶製造装置用キャビネックス設置例

主な構成品の用途説明

(1) キャビネックス本体・メイン:CO2容器と制御盤を内蔵。必要消火剤量に合わせ選定。

(2) キャビネックス本体・サブ:CO2容器のみ内蔵。メインと同時に放射。

(3) THセンサー:70℃熱感知器。ハツタのオリジナル品。

(4) 赤外線センサー:炎感知器。ハツタのオリジナル品。

(5) ノズル:全域消火型。

半導体・液晶製造装置用キャビネックス設置例

半導体製造装置(自動洗浄装置)への
キャビネックスENの施工例図

半導体製造装置(自動洗浄装置)への<br>キャビネックスENの施工例図

施工例図の説明

・分離型の操作パネルを用いて、5ENS2と14ENS2を同時に起動させるシステムにしています。

1:火災センサーは設置場所に応じて適宜選択
通常の火災の熱に応答する熱センサーに加え、赤外線式炎センサーを設置場所に応じて用い、OR回路で火災に対応してより早いシステムの起動を目指しています。

2:消火剤を2ヶ所に同時放出
洗浄液として使用されるアルコール等により、火災時の炎の広がりが早いことが予想されるため、洗浄部、配管部に対し、2本の消火剤貯蔵容器から別々に同時に消火剤を放出して、より高い安全性を目指しています。

3:ダンパーを強制的に連動閉鎖
換気(給、排)設備等が装置に付属されている場合は、消火効果の低下や他への広がりを防止するため、センサーの検知と同時に連動停止信号を利用して強制的にダンパーを閉鎖しています。(電磁ダンパー)
また放出消火剤のガス圧力を利用して閉鎖する事も出来ます。(ガス圧閉鎖式ダンパー)

心から安心して過ごせる空間に

お客様のお悩み・ご要望は、地域や建物・設備により異なります。
それぞれの状況に合わせ、専門スタッフが対応いたしますので、まずはご相談ください。

アンシンク

防災グッズオンラインショップ

アンシンクでは防災コンサルタントとしてのプロの目線から

災害時に必要な防災用品を多数取り揃えております。

「もしもの時に」必要なモノ。

この機会にご用意されてはいかがでしょうか?

防災用品通販サイトへ