アンシンクは岐阜県で消防関連・設備点検など消防設備管理業務中心に、防災に関するコンサルタントや防災グッズの販売を行っている総合防災専門業者です。

まずはお気軽に資料請求を!

資料請求
0120-367-119

緊急時には24時間対応!!
営業時間 9:00-17:00
定休日:日曜・祝・第二/第四土曜日

 

岐阜県揖斐郡 西濃建設株式会社 執行役員管理本部長 田中由樹様のお声

岐阜県揖斐郡 西濃建設株式会社 執行役員管理本部長 田中由樹様のお声

岐阜県揖斐郡 西濃建設株式会社 執行役員管理本部長 田中由樹様のお声

スピーディーで柔軟に対応してくれるアンシンク

西濃建設株式会社 執行役員管理本部長 田中由樹様
(事務所 消防法施行令 別表第1 (15)項)

1993年(昭和8年)4月創業の西濃建設株式会社。
「お客様の満足があってこそ企業は発展する」を基本理念に、顧客のニーズを満たし、信頼を得られる構築物を提供するために地域社会に貢献できる企業を目指しており、岐阜県・愛知県・三重県を中心に全国で活躍する企業です。
2013年にもアンシンクの倉庫の建築を行ったり関わりの深い西濃建設株式会社です。

 

1.同じ地元で共に頑張ってきた会社同士だからこそ

 

 ―アンシンクとの最初の繋がりをお聞かせいただいてもよろしいでしょうか?
田中
 アンシンクは元々揖斐川町に営業所があり、消火器の販売や消防設備点検をやっていただいたのが始まりだと聞いております。1946年(昭和21年)に設立しましたので、50年ほど前からのお付き合いでしょうか。同じ地元の会社として頑張ってきたといっても過言ではありませんね。

 

―アンシンクに頼んだ後の変化や感じたことなどありましたか?
田中
 弊社の各施設、社屋の消防設備点検及び生コン工場や倉庫増築に伴う消防設備増設・改修工事をやっていただきました。最近では防犯カメラを設置していただきました。なんとアンシンクは消防設備点検や防災用品だけではないんですよね。全社員の防災・防犯意識が高まったのではないかと思います。

防災用品から防犯カメラの設置まで。さすがだなと思います

 

―長年のお付き合いですが、アンシンクを指名している理由などはありますか?
田中
 やはり昔からのお付き合いということで、信頼しているところですね。
お互い担当者が変わることはありましたが、それでも担当者同士が合わないということが無かった気がします。それはアンシンクだから安心してお任せできるというのがあるからかもしれませんね。なので、他の防災会社に変えようとも思ったこともなかったですね。

 

2.いつでも災害対応ができるように

 

 ―備蓄倉庫があると伺いましたが、防災への意識はどのようにお持ちでしょう?
田中
 弊社は国土交通省・岐阜県・揖斐川町・池田町・大野町と災害協定を結んでおり、災害時には地域の復旧作業にあたります。また、新社屋は地域の防災拠点として使用できるようになっております。そして、多種多様な重機も保有しておりまして、災害時にはこれらの重機を活用して復旧にあたっております。揖斐川町は山に囲まれているので、災害時にはかなり注意をしていますね。本社屋は、防災拠点としての役割を果たす為、何かが起きた際には地域の方々も弊社に来ていただければ1週間分の備蓄をしておりますので少しは安心できるのではないかと思います。 3年前に新社屋を建てたのと同時に備蓄倉庫も作りました。その際にはアンシンクに、何を備えたら良いのかなど相談させていただきました。柔軟に対応してくださってありがたかったですね。

 

―備蓄倉庫にはどのようなものを備えているのですか?
田中
 飲料水や非常食(お米)、毛布など基本的なものを備えさせていただいております。食品は期限があるので、定期的に入れ替えをしているのですが、毎回入れ替える時期になると防災用品も進化しているなと感じられますね。
入れ替える食品は、また同じ味を選ぶのではなく別の味、種類を選ぶようにしています。
期限が迫った食品に関しては、実際社員で作って試食をしています。社員の中でもかなり好評ですね。

 

備蓄倉庫内の一部

 

―実際作ってみると災害時でも役に立ちそうですね!その他に災害対応していらっしゃることありますか?
田中
 西濃アスコンセンターと株式会社東洋スタビに30KLの燃料タンクを常備しております。
そして本社の方では防災用の部屋があります。災害時に会社が停電になってしまった場合に発電機を「緊急時発電盤」に繋げるとその部屋は電源の確保ができるようになっております。
その他には年1回,避難訓練を行っております。緊急時に社内の防災設備が問題なく使用できるのかという確認も一緒に点検しています。
この西濃地域では揖斐川という大きな川があり、山に囲まれているので災害時には特に注意をしたい地域になります。豪雨の際には増水して危険ですし、土砂崩れなどの危険もあります。揖斐川町には徳山ダムというダムがありますので、もしもの時には少しは安心できるところがありますね。

※徳山ダム:岐阜県揖斐郡揖斐川町、一級河川・木曽川水系揖斐川最上流部に建設された独立行政法人水資源機構が管理するロックフィルダムである。日本最大級のダムであり、総貯水容量6億6,000万m3は日本一を誇る。水害常襲地帯である揖斐川の治水および東海3県の水がめとして建設された。徳山ダムは、洪水調整、流水の正常な機能の維持、新規利水、発電と複数の目的をあわせ持つ多目的ダムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【社外に設置されている緊急時発電盤】

 

―素晴らしいですね!災害に備えているというのがしっかり伝わってきます!
関連会社に防災用品などの購入予定はありますか?
田中
 BCP(事業継続計画:災害などの緊急事態が発生したときに、企業が損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画)でどういう形で災害対策をするのかという検討中ですので、購入をしようと思っております。その際にはアンシンクに相談をしたいですね。
やっぱりプロに相談が1番ですから!

 

―今後のアンシンクへ何か一言下さい!
田中
 アンシンクはいつも対応が早く、柔軟に対応して頂けているのはとても助かります。そういうところからもアンシンクの「良さ」というのが出ているのではないかな。
岐阜県の企業として、お互いが何かの形で協力していけたらいいなと思います!
そして引き続き消防設備点検や防災用品などもお願いします!

 

 

―本日は貴重なお話ありがとうございました!

 

(平成30年7月取材)

▶西濃建設株式会社様のホームページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


アンシンク

防災グッズオンラインショップ

アンシンクでは防災コンサルタントとしてのプロの目線から

災害時に必要な防災用品を多数取り揃えております。

「もしもの時に」必要なモノ。

この機会にご用意されてはいかがでしょうか?

防災用品通販サイトへ