アンシンクは岐阜県で消防関連・設備点検など消防設備管理業務中心に、防災に関するコンサルタントや防災グッズの販売を行っている総合防災専門業者です。

まずはお気軽に資料請求を!

資料請求
0120-367-119

緊急時には24時間対応!!
営業時間 9:00-17:00
定休日:日曜・祝・第二/第四土曜日

 

社員インタビュー01 牛屋

アンシンク

防災用品のことなら、何でも私に聞いてください。


私の仕事は、市町村などの自治体への防災用品の提案営業。非常食や防災備蓄品、防災コンテナなど専門総合商社として、メーカーの担当者と同行営業し、新商品のデモをしながら提案するなど、指名競争入札に向けたPR活動をしています。近年はどの自治体でも防災への関心が高まっており、「市民の皆さんに安心、納得していただけるよう、より良いものを安く」というニーズが増えています。「どんなことでも提案して欲しい」と言われることも多く、私自身もアンテナを高く張って新商品や新規で取扱える商品を探しまわり、展示会や説明会にも積極的に参加。仕入れのバリエーションが増えることで落札にもつながり、手ごたえを感じています。提案時や納品時に自治会(町内会)や消防団、社会福祉協議会など、地元の人々と直接関わることができるのが、仕事の面白みの一つ。ある自治会では私の提案した「太陽光パネルから電力を得て換気扇を回し、庫内の環境を守れる備蓄倉庫」や、「紺地に黄色の目立つラインが入った防災服」が採用され、納品後の評判もよく、我ながらいい仕事ができたと満足しています。

イメージ

60年の歴史の中で培われた、知恵と情報を電子化したい。


社長はいつも同じフロアにいて、とても身近な存在。社歴に関係なく誰もが自由に発言し、それらすべてに耳を傾けてくれ、実際、たくさんの改善提案が発案者主導で実行されています。私も何かしたいと、「センターファイルの電子化」を提案しました。センターファイルとは、取引のあるすべてのお客様の情報の台帳を 1か所にまとめた書棚のこと。官公庁や企業の防災設備の歴史や現在の状況、図面、点検結果、設備の裏側の注意箇所に至るまで事細かに記されています。「この設備をスムーズに点検するには、ビルの管理人さんから鍵をお借りしなければならないが、管理人の常駐時間は…」といった、実用的な記載まであり、実際の点検時にとても役立ちます。防災設備を60年に渡って扱ってきたパイオニアならではの、設計上の知恵などが記録されていることも多々あります。しかし、それらは手に取りにくい分厚い台帳にファイリングされていて、検索性も悪く、「せっかくの有効な情報を100%活かせていない」というジレンマがあるのも事実。それを解決するために私が考えたのが、このセンターファイルの電子化。まだスタート段階ですが、社長と事務スタッフ、そして私の3人でプロジェクトを立ち上げ、膨大とも言える顧客データベースを構築していこうとしています。また、私の提案から現在進行形で全員が取り組んでいるのが、「エバーノート」というアプリを使った情報共有。エバーノートとは、手書きのメモを簡単にサーバーに蓄積でき、それを効率よく役立てられるように設計された優れもの。これにより営業部と工事部、事務スタッフとの報・連・相がスムーズになり、また、「何でもメモする」「わかりにくいことでも図にして視覚化」「伝言を早く伝える」という習慣が生まれ、重宝されています。

採用メッセージ

採用メッセージ
私たちが大切にしていること

仕事紹介

仕事紹介
いろいろな仕事をご紹介

会社情報

会社情報
会社の基本情報

仕事Q&A

>仕事Q&A”/>
          </div>
<div class=疑問や心配事にお答えします

インタビュー01
牛屋

スタッフインタビュー01
営業の仕事をご紹介します

インタビュー02
小林

スタッフインタビュー02
工事の仕事をご紹介します

インタビュー03
石坂

スタッフインタビュー03
点検の仕事をご紹介します

インタビュー04
浅瀬石

スタッフインタビュー04
事務の仕事をご紹介します

インタビュー05
川島

スタッフインタビュー05
営業の仕事をご紹介します

アンシンク

防災グッズオンラインショップ

アンシンクでは防災コンサルタントとしてのプロの目線から

災害時に必要な防災用品を多数取り揃えております。

「もしもの時に」必要なモノ。

この機会にご用意されてはいかがでしょうか?

防災用品通販サイトへ