アンシンクは岐阜県で消防関連・設備点検など消防設備管理業務中心に、防災に関するコンサルタントや防災グッズの販売を行っている総合防災専門業者です。

まずはお気軽に資料請求を!

資料請求
0120-367-119

緊急時には24時間対応!!
営業時間 9:00-17:00
定休日:日曜・祝・第二/第四土曜日

 

「近年の自然災害から考える企業防災の必要性」

「近年の自然災害から考える企業防災の必要性」

「近年の自然災害から考える企業防災の必要性」

企業防災の必要性

日本は自然災害が多く、近年もニュースをよく目にします。自然災害自体を防ぐことはできませんが、事前の準備をしておくことで、災害被害を減らすことができます。

企業防災は、「防災」「事業継続」の2つの観点からアプローチするもので、国の防災基本計画でも推進されています。

■企業防災と事業継続について

防災白書によると、熊本地震で被災した企業の事業継続は8割近くあり、企業防災が役立ったことがわかります。

さらにその中の10社に聞き取り調査を行った結果、BCP(事業継続計画)の策定・運用をしていたことや建物を建設する際の工夫しておいたことが役に立ったとしています。

また、今後の取り組みとして、災害発生後の従業員とその家族の安否確認や情報の伝達・共有、オフィス内のレイアウト見直し、より一層の地域との連携などがあげられました。

「防災」と「事業継続」は密接にかかわっており、「防災」は、企業の安全を守り、従業員に大きな被害を出さないこと。さらに、地域の安全に貢献することです。
これらが「事業継続」の早期復旧につながります。

会社の機能停止はたくさんの関係者に影響を及ぼし、周辺地域などの復興にも影響を与えることがあります。

今まで、大地震などによるオフィスの被害は、あまり大きくありませんでした。「オフィスの作りが家庭よりも頑丈だから」ではなく、「たまたま就業時間ではなかっただけ」であるということを頭に入れておきましょう。



49-2

また、今まで地震が起きていない地域だからと、安心はできません。日本は狭い国土に4枚ものプレートが密集し、地中での断層活動も頻繁に起こっています。

ひずみが溜まってはじける時の衝撃が地震の原因で、日本列島のほぼ全域がこの危険にさらされています。

■まとめ

企業防災の必要性をご紹介してきました。防災準備は、なくてはならないものです。
すぐに使うことがないとしても、備えがあることで、安心を得ることもできます。
できることから少しずつ、準備を始めましょう。

企業防災はまず水の備蓄から始めると良いでしょう。アンシンクのあんしん水 2.0L 6本/箱 100箱セットのように、大人数に対応することのできるセットもあります。

アンシンク

防災グッズオンラインショップ

アンシンクでは防災コンサルタントとしてのプロの目線から

災害時に必要な防災用品を多数取り揃えております。

「もしもの時に」必要なモノ。

この機会にご用意されてはいかがでしょうか?

防災用品通販サイトへ