アンシンクは岐阜県で消防関連・設備点検など消防設備管理業務中心に、防災に関するコンサルタントや防災グッズの販売を行っている総合防災専門業者です。

まずはお気軽に資料請求を!

資料請求
0120-367-119

緊急時には24時間対応!!
営業時間 9:00-17:00
定休日:日曜・祝・第二/第四土曜日

 

6. 「備えあれば憂いなし」

6. 「備えあれば憂いなし」

6. 「備えあれば憂いなし」

危機管理

私は10年以上、危機管理の仕事に携わっています。
危機管理と言っても幅が広いのですが・・・災害から犯罪まで、危機管理全般としておきます。まずは自己紹介的になりますが、危機管理についてお話させていただきます。
危機管理には、3原則があると言われています。私もこの仕事を始めて間もない頃、諸先輩がたから、常々言われ続けてきました。
「予測」「準備」「回避」この3つで、多くの危機的状況は、回避可能です。

私の場合は、この3原則の前に、「情報・分析」が必要と考えています。人によってはこの情報・分析は、予測の中に含まれると考える場合があります。
3原則の中でまず最初に登場するのが、「予測」。すべてはここから始まります。
「予測」をするために、情報を収集する必要があります。
情報にはありとあらゆるものがあります。webで調べられるもの、本や新聞で調べるもの、実際現地に赴いてしらべる情報・・・。
あらゆる手段で集めた情報を、分析し、正確で有益な情報に仕上げていきます。
これがまず重要で、知りえた情報がもし的外れなものであったら、それを基に予測・準備しても、あまり意味がありません。



7-2

最近ようやくニュースで耳にするようになりましたが、台風や大雨などで大きな災害が予測される場合、「ご自分の住居に、どのような危険性があるか、十分認識し、早めの対策を取ってください」と言う言葉。本来災害時ではなく、平時から情報を得ておく必要があるのですが・・・。
もしあなたが自分と家族の安全を確保したいのであれば、自分の住んでいる、自分の生活する地域にどのような脅威・リスクがあるのか、日ごろから知りえておく必要があります。
もっとも簡単に知りえる情報として、自治体が出している「ハザードマップ」「犯罪情報」があります。とりあえずはこの情報を掌握しておくだけでも、十分有益です。まずは自治体の情報に、目を通していただければ、幸いです。

そして、日頃から災害等に備えるために、長期保存食 安心米 五目ご飯 個食パック 15個/箱などを備蓄しておくのも良いでしょう。

アンシンク

防災グッズオンラインショップ

アンシンクでは防災コンサルタントとしてのプロの目線から

災害時に必要な防災用品を多数取り揃えております。

「もしもの時に」必要なモノ。

この機会にご用意されてはいかがでしょうか?

防災用品通販サイトへ